無料ライブチャットってこんなにもエロかったっけ??wwwww

無料ライブチャットランキングとは、女性の生のエロい姿を見ながら会話が出来るサービスのことをいいます。
登録している女性はたいてい報酬をもらっており、その登録している女性と、男性は会話をすることができます。
女性側のことをチャットレディと言い、報酬で雇われていることがほとんどです。
大手サイトが運営しているライブチャットですと、大抵は報酬で雇われている女の子でして、そんな女の子とお話するのであります。
そういった女の子は放送慣れしているので、会話が弾んだり、向こうから会話をうまく投げかけてくれたりしますから、楽しいですよ。
また、ライブチャットにはアダルトを前提としたライブチャットや、ノンアダルトを前提としたライブチャットがあります。
アダルトを前提とした無料ライブチャットは、カメラを通して女の子がチャットユーザーのリクエストに応じて服を脱いだり、胸を触ったり、股間を触ったり――所謂自慰行為をします。
また、無料エロライブチャットパーティチャットと2ショットチャットがあり、パーティチャットとは、複数人で一人の女の子の放送を見ることを言います。
一方2ショットチャットとは、その名の通り、女の子と一対一でお話をすることを指します。
一対一ですから、結構過激なことも要求できて、女の子もそれに応えてくれます。
また、自分だけに語りかけてくれるので、無料ライブチャットパーティーチャットよりも何倍も楽しいのです。
また、2ショットチャットでは、男性側もウェブカメラを持っていれば、相互にビデオを写しながらのオナニー見せ合いなんていうこともできたりします。
男性もビデオを写せるのです。
さながらスカイプのビデオ通話みたいな状態になるというわけですね。
そんなライブチャットですが、このサービスが登場したのは最近のできごとではありません。
かといってそんなに古くからあるわけでもなく、比較的新しいサービスであることは間違いなく、このライブチャット業界が確率したのは数年前のような気がします。
ライブチャット業界は昔と比べてめざましく進歩を遂げてきました。
急に台頭してきたライブチャットは、「テレクラに変わるサービス」になるのではないかと噂され、ひそかに注目を浴び、固定客を確保していましたが、今ほどは人気が出ませんでした。
ところが、急に人気が拡大し、ライブチャットサービスを提供するサイトも増え、ライブチャット業界に参入する企業もどんどん増えてきました。
現在では「ライブチャット」と検索すると、かなりのサイトが引っかかります。
そんな、ライブチャット業界の盛り上がりについてお話したいと思います。

■台頭してきた当初は今ほど受け入れられていなかった!?
テレクラや2ショットダイヤルなどで電話エッチが盛んに行われていた頃の話です。
あ、もちろん現在でもそれらは盛んに行われていますがね。
あの頃の人々は、風俗に行くほど金はないが女性と話したりエッチなことがしたい、という理由でテレクラや2ショットダイヤルを利用し、女の子とのテレフォンセックスを楽しんでいました。
声だけでエッチを再現するというとてもじれったく甘酸っぱくいじらしい行為に、人々はとても夢中になっていました。
そんな中、急に新しい勢力が誕生してきたのです。
地下で暮らしてきたセミが夏になると急に外に出るように、ライブチャットという新しいサービスが登場してきました。
テレクラや2ショットダイヤルでテレフォンセックスをしていた人たちに受けるだろうという見込みで作られた新しいサービスでした。
しかし、そういった層にはこのライブチャットというサービスはなかなか受け入れられませんでした。
それもその筈、ライブチャットというサービスとテレフォンセックスとは大きな違いがあるからです。
テレフォンセックスというのは女性の声を聞いて、自分の声を女性に聞かせて、声や音だけでセックスをしているという臨場感を出す必要があり、妄想が全てを決定づけるバーチャルセックスです。
それに対してライブチャットというのは、女性がカメラで生放送しているのを見て、女性の声を聞いて、大勢いる男性を出し抜いて二人きりになり、そこで自分の姿を映しながらしゃべれる男性であれば、自分もカメラを使い相手に自分の姿を見せながら喋ったり、そこで相互オナニーをしたりします。
この違いがあったので、受け入れられ難かったのです。

しかし、ここ数年前からライブチャットは大きな盛り上がりを見せています。
筍が生えてくるように、急にライブチャットランキングサイトが乱立し、ライブチャットが再び注目を集め、現在ではユーザー数も増えてこういった記事が書かれることも多くなりました。
そこには、一つの理由があります。
テレフォンセックスをしていない人々に受け始めたからなのです。
テレフォンセックスが好きな人達に対して売り込みをしても売れないことに気がついた運営側達は、その他にターゲットを絞り、マーケティングを行ったため、ライブチャットというサービスがどんどん売れるようになったというわけなのです。

ライブチャットは現在、とても大きな盛り上がりを見せています。
しかし、まだまだ成長段階にある業界であることは確かです。
こういった事情を踏まえて、ライブチャットを楽しく利用しましょう。